JRiver Media Center 29 Windowsアップグレード版

¥3,080

皆さんは普段パソコンで音楽を聴く際、どんなメディアプレーヤーを使っていますか?
そのメディアプレーヤーの音に満足していますか?
「JRiver Media Center」は、オーディオ技術者も認める高音質なメディアプレーヤーです。
このソフトを使って音楽を聴けば、低音域の深み、そして全体的な奥行き・空間を感じていただけるはずです。また大型スピーカーで聴いているときに近い感覚があり、聴こえにくい部分が聴き取りやすくなります。いつまでも聴いていたくなる快適さがあり、まるで高級オーディオで音を鳴らしているような感覚を是非皆様も味わってください。

※本製品はWindows版のアップグレード版です。ご利用いただくには、Jriver Media Centerの以前のバージョンがパソコンにインストールされている必要がありますのでご注意ください。

在庫49個

カテゴリー:

説明

こちらは「ダウンロード製品」です。
※バックアップメディアの送付(商品価格+1,000円・送料消費税込)をご希望の場合は、お支払い画面で「メディア送付オプション」にチェックを付けて下さい。

「JRiver Media Center」とは?

皆さんは普段パソコンで音楽を聴く際、どんなメディアプレーヤーを使っていますか?
そのメディアプレーヤーの音に満足していますか?
「JRiver Media Center」は、オーディオ技術者も認める高音質なメディアプレーヤーです。
このソフトを使って音楽を聴けば、低音域の深み、そして全体的な奥行き・空間を感じていただけるはずです。また大型スピーカーで聴いているときに近い感覚があり、聴こえにくい部分が聴き取りやすくなります。いつまでも聴いていたくなる快適さがあり、まるで高級オーディオで音を鳴らしているような感覚を是非皆様も味わってください。

JRiver28画面

JRiver Media Center29の新機能

[NEW] DSPエンジンの強化

JRiver29新機能

サウンドを様々に調整するDSPエンジンに、改善が行われました。

アクティブスピーカーのサポートの改善

ファイルに設定された出力フォーマットに縛られずに出力のチャンネル数を設定できるようになりました。

再生の改善

トラックの再生が終了すると、トラック固有のDSP構成がアンロードされるようになりました

パラメトリック・イコライザーの改善

  • ユーザーが選択可能なオールパスフィルターを追加しました。
  • ユーザー定義なカスタムバイクアッドフィルターのサポートします。

JRVRビデオレンダラーのWindows対応、機能向上

JRiver29新機能

前バージョンから導入された動画のレンダリングエンジンであるJRVR(JRiver Video Renderer)は、Mac、Linux版でのみ提供されてきましたが、Windows版にも対応しました。
JRVRはより高速で安定しており、字幕のレンダリングも向上しています。その効率により、非常に高品質の画像を提供しながら、低電力のハードウェアで実行できます。

ドルビービジョンのサポート

  • Dolby Vision Profile 5のサポート
  • プロファイル7および8でのドルビービジョンメタデータのサポートにより、HDR10画像を強化して品質を向上
  • ドルビービジョン対応のディスプレイは必要ありません。すべての処理はJRVRで行われます。

 

改善されたHLG HDRサポート

-HLGをHDR10に変換して、テレビにパススルーできるようになりました

改善されたHDRトーンマッピング

より一貫したエクスペリエンスのための新しく再設計されたアルゴリズム

シェーダーキャッシング

すべてのビデオに対してシェーダーを再コンパイルするのではなく、シェーダーをキャッシュすることにより、起動待ち時間を大幅に短縮します

全体的な品質、パフォーマンス、および互換性の向上

  • 90度回転した動画のサポート(例:スマホで縦長に撮影された動画)
  • DVD再生でハードウェアインターレース解除が使用されるようになりました
  • 統合グラフィックス(iGPU)のパフォーマンスを向上させるためのゼロコピーハードウェアデコード
  • ディザリングとカラーハンドリングの改善
  • ローエンドシステムの新しいパフォーマンスオプション

字幕の改善

  • 再生の信頼性とパフォーマンスの向上のために完全に再設計された字幕サポート
  • 字幕はワーカースレッドでレンダリングされるようになり、事前にいくつかのフレームを適切に事前レンダリングします
  • ビデオが優先され、字幕の欠落によるフレームのドロップを回避します。最悪の場合、字幕が欠落または遅延する可能性があります
  • フルフレームではなく、字幕付きの実際の領域のみを処理することにより、字幕付きのCPUとGPUの使用量を大幅に削減しました
  • ビットマップ字幕(Blu-ray、DVD、TV)はソフトウェアでスケーリングされなくなり、代わりに最終処理のためにJRVRに渡されます
  • UHDBlu-rayのHDRメニューと字幕が適切にカラーマッピングされるようになりました
  • SSA / ASS字幕のパフォーマンスが大幅に向上し、最も複雑な字幕ストリームでも再生できるようになりました

Netflix対応の強化

JRiver29新機能

ビデオの再生はブラウザを介して行われ、5.1オーディオで最大4Kになります。

JRiverのWDMドライバーを使用していると、JRiverのDSPの設定が適用されて再生されます。

日本語入力への対応(Windowsのみ)

IMEに関連する改善が行われました。これまでは日本語入力中に変換中のテキストが画面右上に表示されていたのが、入力箇所の近くに表示されるようになり、入力しやすくなっています。

主な特長

音にこだわったプレイヤー

「Jriver Media Center」は、音にこだわったメディアプレーヤーです。
その理由をご説明しましょう。

普段お使いの「あのプレーヤー」には無い様々なこだわりの機能が本ソフトには搭載されています(下記はほんの一例です)。

出力フォーマット

サウンドを様々なファイル形式で出力できます。例えば、普通の音楽CDを5.1chサラウンドや32-bit/192kHzで聴くことができます。
出力フォーマット

自動音量調節

全てのファイルの再生ボリュームを同じレベルに調節します。
業界最高のR128アルゴリズムによるファイルの分析に基づき、正確な音量を再生中に適用します。
自動音量調節

アダプティブボリューム

多様な状況に合わせて再生音量を調節し、ユーザーのリスニングエクスペリエンスを向上します。
例えばナイトモード、小型スピーカーモードを選べます。
自動音量調節

イコライザー

イコライザー機能で、低音部を伸ばしたり高音部を伸ばしたり、といったことができます。ライブ、クラシックといったプリセットも用意されています。
イコライザー

パラメトリックイコライザー

パラメトリックイコライザーは、プリセットされたフィルターのうち好きなものを追加できる強力で柔軟なイコライザーです。
アクティブスピーカーのクロスオーバーの作成、低音管理の実行、コンプレッサーの適用などの高度なタスクにも使用できます。
自動音量調節

効果

プロ品質のリバーブ/スペーシャライザーを利用して、さまざまなリスニング環境をシミュレートします。
コンサートホールやジャズクラブといった効果を選択できます。
また仮想サブウーファーやサラウンドをシミュレートする、といったことが可能です。
自動音量調節

ヘッドフォン

クロスフィードにより、ヘッドホンで再生されるオーディオのサウンドがより自然になり、疲労が軽減されます。
オーディオは、ヘッドホン以外のリスニングに関連する周波数曲線と時間遅延をモデル化した後、対側の耳と同側の耳の間で混合されます。
ヘッドフォン

テンポとピッチ

音の高さを変えずに曲の速さを変えたり、
曲のテンポを変えずに音を高くしたり低くしたり、といったことができます。
テンポとピッチ

ルーム補正

各スピーカーからメインリスニングポジションまでの距離が異なる場合に合わせて調整が可能です。
また、スピーカーの音量特性を考慮して、スピーカーごとのゲイントリムを適用します。
ルーム補正

コンボリューション

従来の電子フィルタリングやソフトウェアフィルタリングでは不可能だったオーディオの大幅な変更を可能にする複雑なフィルタリング処理を設定します。
コンボリューション

WASAPI排他モードで、より高音質な再生が可能に

皆さんが普段使用しているメディアプレーヤーで音楽を再生する場合、音楽データが読み出されてからヘッドフォンやスピーカーにまでデータが流れていく間に、下記のような様々な処理が実行されています。

・複数のアプリケーションが鳴らす音を合成して出力する・各アプリケーションが鳴らす音の音量調整・サンプリングレートなどの調整・各種エフェクト処理

この処理が行われるおかげで、パソコンで音楽を聴きながら他の作業を並行して行うことができます。
皆さんが普段使用しているメディアプレーヤーの場合、DirectSound経由で音楽を再生するため、上記のような様々な処理がどうしても実行されてしまうため、データの変質が少なからず起きてしまい、音質に影響を与えています。

本ソフトでは、通常のWindows標準のサウンド再生を使用せず、JRiverのWDMドライバを使用し、「WASAPI」を使用することで、「音楽データをできるだけ変質させない」高音質で出力し「元の音をできる限りそのままスピーカーから流す」ことができます。これが高音質な理由です。

JRiver28画面

使い慣れたあのプレーヤーと同じような使い勝手

使い方はとても簡単。使い慣れたあのプレーヤーと同じような使い勝手なので、
操作に迷うことなく簡単にご使用いただけます。

JRiver28画面

iTunesやiPhoneに1クリックでエクスポート

普段iTunesを使用されている方は、本ソフトをインストールすると自動的にiTunesのプレイリストと同期します。

 

また、本ソフトで再生した音楽や動画を1クリックでiTunesやiPhone・iPodにエクスポートすることもできます。
JRiver25画面

CloudPlay

この機能は、自分のプレイリストと他のユーザーのプレイリストをJRiverのクラウド上で共有することができる機能になります。具体的には、あなたのプレイリストをJRiverクラウドにアップロードし、他の方がJRiver Radioを経由してあなたのプレイリストを再生できます。また、ほかの方がアップロードしたプレイリストをあなたはJRiver Radioを通じて聴くことができます。
さらに「ロスレスストリーミング」なので、全く音質を損なうことなく再生することができます。
※音楽に関するライセンス料はJRiver社が負担しておりますので、安心してご使用ください。

CloudPlay画面

お好みのスキンに変更

全部で14種類のスキンが搭載されております。
またスキンダウンロードページからお好きなスキンを無料でダウンロードすることもできます。

JRiver25画面

画像関連の機能

本ソフトでは、デジカメで撮影した画像を表示させることもできます。
また、デジカメをパソコンに接続して直接デジカメから画像を取り出しPCに保存したり、不要なものを削除したり、
回転させたりタグ付けするなどの画像管理も可能です。

その他、下記のような機能も搭載されております。

●右クリックで画像を編集
(クロップ、調整、サイズ変更など)
●元のデータを変更することなく編集
●電子メール、Facebook、Twitterなどに画像を送信
●スライドショー機能

●スライダーでサムネイルのサイズを調整
●壁紙としてデスクトップの背景に保存
●さまざまなサイズでレイアウトして印刷
●Photoshopなどの外部プログラムにデータを送る

画像編集画面

対応形式

本ソフトでは、下記の通り様々な形式のファイルに対応しております。音楽・動画・画像など、ファイル形式を気にすることなく、本ソフトに読み込ませてみましょう。

対応形式(オーディオ)

オーディオ対応コーデック

対応形式(動画)

動画対応コーデック

対応形式(画像)

画像対応コーデック

動作環境

Windows版
対応OS Windows 11 / 10 / 8.1
CPU Intel or AMD x86 Compatible CPU with SSE2
HDD 300MB以上の空き容量 300MB以上の空き容量
グラフィック DirectXに対応したGPU
サウンド Windows標準のサウンドが再生可能なサウンドデバイス
その他 インターネット接続環境必須

※アップグレード版をご利用いただくには、Jriver Media Centerの以前のバージョンがパソコンにインストールされている必要がありますのでご注意ください。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

こちらもおすすめ…